クイーポは三木市・加西市をはじめとした北播磨の企業様にPCスマホ対応のホームページを作成します!

ブログ

北はりまビジネスフェア出展での成果

カテゴリ : ブログ
20161024

こんにちは。
Quiipo(クイーポ)のWebデザイナー魚返(うおがえし)です。
*写真はQuiipo(クイーポ)のイケメン担当、エバンジェリスト藤中です。お間違えなく!

前回の藤中のエントリーでもご紹介しましたが、10/21と10/22の二日間、Quiipo(クイーポ)は第6回北はりまビジネスフェアに出展しました。

今回の成果は後ほどお話しすることにして、この出展にあたって個人的に意義があったので、そのお話しをしたいと思います。

宿泊先を検討する

今回のビジネスフェアはQuiipo(クイーポ)のターゲットとしているエリア、北播磨の小野市での開催でした。私は大阪の人間で、会場までは自宅から車で2時間ほどになります。必然的に宿泊することにしました。

さて、宿泊先探しですが、もちろんネットを使います。会場の地図はあらかじめ確認していて、ビジネスホテルがすぐなのもわかっていました。確実にそこ狙いで探し始めます。まずは、Hotels.com(https://jp.hotels.com/)で(これが一般的な探し方かわかりませんが、昔、海外旅行のときにHotels.comでとることが多かったのでクセでそうなってます)。お目当てのホテルが出てきましたが、「満室」の文字。念のため、そのホテル本体のサイトの予約システムをのぞくも、もちろん「満室」。Hotels.comに戻って他の近くのホテルを探すも、出てこない。

次に、検索エンジンで「小野 ビジネスホテル」を叩きます。地域情報のページが引っかかり、小野市のビジネスホテルの一覧が出てきました。それらを見比べて、あるビジネルホテルに絞りこみました。

なぜこのビジネルホテルだったんだろう?

予約を終えて、なぜこのビジネスホテルだったんだろう?と考えました。それは、地域情報ページの一覧から自前のホームページにリンクが貼ってあって、そこに詳細がきちんと説明されていたからだったんです。決しておしゃれなページでもなくて、何年前のデザインだよ?といった感じで、もちろんスマホに対応しているのでもない。でも、必要な情報が載っている。素泊まりはあるのか、駐車場はあるのか、室内はどんな感じなのか?等。この時、私はオウンドメディア( =ホームページ)を持つ意義を感じました。そして、これがQuiipo(クイーポ)でやりたいことなのだと再確認したのです。(蛇足ですが、Quiipoはイマドキのデザインで、スマホ対応がスダンダードですよ!笑)

出展の成果

さて、出展前の個人的な出来事で盛り上がってしまいましたが、もちろん出展の成果は色々ありました。

Quiipo(クイーポ)の浸透
これに尽きます。ブースを出して、企業プレゼンに参加して、Quiipo(クイーポ)をより多くの人に知ってもらえました。
協業のお話
ブース出展されている他の企業さまから、商材として使いたい等の引き合いがありました。
ご相談数件
ブース見学に来られた方から、何件か具体的な話をいただきました。

といった具合に、サービス全体としても、個人的にも非常に実りのある出展となりました。一番印象的だったのは、出展企業同志で仲間意識が芽生えることです。「その話だったら、あそこが得意ですよ!」といった感じで、お互い紹介し、前進していける関係性にホッコリしました!
出展の成果がこれから出てくることを期待しながら、Quiipo(クイーポ)のサービス向上に邁進していきます!